受講者の声


 

 

   受講いただいた方から、こんな感想をいただいいます。

 

 

 

 

・自分の問題点がわかりました。母音と子音に気をつけたことはなかったので、意識していきます。声の持つ力は偉大だと思います。 話すのは人間力!!

・「音読は自分のために読む」ことが、とても楽しかったです。

・母音と子音を分解して、意識するだけで読み方が変わったのは驚きました。

 

・口が開いていない、ラ行、母音。意識していなかった発音で、頭が混乱しています。呼吸もきちんとできていないことに気づきました。

・学べば学ぶほど、日本語をきちんと伝えていないことに気づかされました。母音がこんなに大切だとは思いませんでした。腹式呼吸や舌の使い方など、基本がしっかりできて、美しい声がだせることがわかりました。

 

 

・子音を学ぶことが、とても面白かったです。音に速さ・温度・湿度・固さがあることを意識して、発音してみたいと思います。

・子音が与える印象を無意識に感じていたことを気づくことができました。いろいろな単語にかくされた意味も同期していて興味深かったです。

・発声は放物線を描けるよう、意識して話す努力をしていきます。子音のおとだまの意味を知り、文章の意味を思いながら読んでいきたいです。ら行が苦手なので、ら行が多く入っている文章を練習します。

 

 

・何気なく話している会話や読んでいる文章の中で、2音目を意識するとイメージが全く変わるということがわかりました。スピーチ練習では、かなり頑張ってアクション的に話したつもりでも、聞いている人には普通なのだと驚きました。

・同じ単語でも声の表情でも違う、シュチエーションによってテンションが調和しているか等…聞く人が感じる違和感の正体が少しわかった気がします。これまで句読点に従って読むように気を付けていたのですが、変えてもよいというのが発見でした。

 

 

・セミナーを通して *日本語は美しい *人に伝えるときの臨場感を実感しました。普段の仕事に活かしていけることを、たくさん教えていただきました。「声は波動」で自分の内面から現れたもの、今後は強みに変えていきたいと思います。

・話す対象との距離感で読み方が変わるという発見!  それが絵本の絵に表現されていたという気づきがありました。その世界を邪魔しないように伝えたいと思います。

 

・口の動かし方や話し方のコツがわかりました。あとは、継続していくことが大切だと思いました。日常生活でも意識して続けていきたいと思います。